安く買うなら

集合住宅

アパートは賃貸物件として借り手から見た場合、いくつかのメリットがある。
まずは、マンション物件に比べ賃料が比較的安いということがある。
マンションでは、その規模が大きかったり設備が充実しているなど、メリットがあるが、その反面全体的に賃料が高い傾向にある。
しかしアパートでは、規模が小さかったり設備面でマンションより劣る場合もあるが、賃料が安く済む。
同じ立地条件で比べた場合には、築年数などによっても変わるが、一般的にはマンションより安い。
その為、賃料を重視して暮らす場合には向いているといえる。
また、選択肢が広がるということもある。
アパートタイプの物件では比較的数も多く、あらゆる場所にある。
その為物件数が多く、選びやすいということもメリットとしてあるため、その点の知識を持った上で選ぶとより有効である。

アパートのメリットを角度を変えて、貸す側から考えた場合にもいくつかのメリットがある。
まずは、初期投資額が少なくて済むということがある。
マンションでは、大型の建物となるケースが通常であり、それを建築するのに多額の資金が必要になる。
しかし、アパートでは比較的規模も小さいため、少ない投資額で賃貸経営を始められるというメリットがある。
また、入居者数なども手ごろの数に出来るということもある。
マンションでは、一般的には規模が大きく、部屋数が多いため入居者数も多くなる。
その為、部屋や入居者の管理も大変になる。
しかし、アパートでは部屋数が通常少なく、入居者の数もその分少ないため、管理しやすいということもある。